2016年の年末に放送された紅白歌合戦の感想です。

一応前置きとして、録画ではなく、リアルタイムでみました。

紅白を最初から最後まで通してみたことはないです。

紅白を見ているのも、ここ数年です。

そんな私の紅白についての感想になります。

2016年も最初から最後まで番組全部を見たわけではなく、たまたまテレビで見たところの感想になります。

ちなみに、今回見たのは

・星野げんの途中から
・坂本冬美全部
・松田聖子全部
・XJAPAN全部
・ピコ太郎とコーラスグループを全部
・AKB48グループをちらちら
・TOKIO全部
・宇多田ひかる全部
・石川さゆり全部
・嵐をちらちら

でした。

で、このブログになんで紅白について書いているのかというと、コンテンツのひとつとして存在していて、毎年、高視聴率を出しているテレビ番組なので、触れてみました。

テレビ番組の視聴率は、平均的には低下しています。

単純にインターネットの普及によるテレビ離れというのもあるかもしれませんが、個人的には、ハードディスクに手軽に長時間録画できるようになったことが、大きい要因だと思います。リアルタイムでの視聴率を出しているからです。

そのため、リアルタイムで見る特典を持たせた番組が増えていますが、そこまで効果を感じないのが現実だと思います。

そんな低迷中でも、高視聴率を出している番組もあるので、やはりコンテンツの力が強ければ、リアルタイム視聴されるということです。

で、そんな高視聴率番組の紅白の話題に戻りますが、2016年を見ると出演者が全体的に中途半端に若返って、ターゲットを、40歳前後のアラフォーに絞ったのがわかります。そうするとその親の60歳代~70歳代と、子供の10歳代も含まれてきます。

2016年はそこに向けて作られたのではないかと想定しできます。今回は結局出演しませんでしたが、SMAPとと同じ世代です。最も人数の多い団塊の世代と団塊ジュニアとその子供たちに向けるという堅実な作りだったと思います。

インターネットでは、詰めの甘さなど、悪く書かれていたりしますが、もともと、ながら見をする番組で真面目に見る番組ではないので、個人的には、全体的にゆるい感じでよかったのではないかと思います。むしろ、もっと、ゆるくても良いと思いました。

Share on FacebookShare on Google+Email this to someoneTweet about this on TwitterPrint this page